小池浩さんの「ドSの宇宙さん」は衝撃の本でした&言葉の力を再確認

コイケヒロシさんの「借金2000万を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」は本当に面白かったな。衝撃の書でした。

すでに一冊持っているにもかかわらず、キンドル版も買いました。こんな本、はじめてだなあ(笑)

最後にはちょっと感動してしまった。

この本、かなり売れているみたい(現時点で9万部を突破したそう)だけど、よくわかる!!読んでいてすごく楽しいもん。ためになるだけじゃなくて「楽しい」「わらえる」これって大事だすよね。

この本は引き寄せの法則や成功法則について教えながらも、物語としても楽しいんです。エンタテイメントしている。そういう意味で「アルケミスト」みたいなもんです。

小池さんが借金を返したシーンでは、アルケミストの少年が宝の場所をついに悟ったときと同じような感動があった。ちょっと違う…?(笑)

スポンサーリンク

言葉の力を再確認

自分は、もともと斎藤一人さんが好きで、言葉の力ってのはすごくわかっていたつもりだったんだけど、本書を読んでより確信が深まった感じです。

斎藤一人さんが「これまでしたことのない話」という本の中でしているお話は本書の内容とそっくりなので、興味のある方はぜひ。

あと、ホ・オポノポノにも共通するところがいくつかありましたね。ありがとう・愛してるって言葉と宇宙・潜在意識の関係、それに「自分の目の前にいる人間、いる環境、使っているものなどはすべて自分のエネルギーそのもの」って話もホ・オポノポノ的だと思う。

本書のおかげでホ・オポノポノに関しても理解が深まったかもしれない。


とりあえず、この本を読んでから、ずーっと「ありがとう(ございます)」「愛してます」って言い続けていますね(笑)

自分にはわからなくても

さて、とりあえず何をするにも「オーダー」を決めないことには話にならない。行き先の決まってない状態で走り出しても仕方ない。ラーメン屋で「なんかください」って言うのか?っていう宇宙さんのツッコミは本当にそのとおりだね。

んで、オレはとりあえずオーダーを決めたんだけど、それを叶えるために具体的に何をやったらいいかは、さっぱりわからないんですよ。(ひとつアイデアがあったんだけど、それはポシャってしまった)

でも、この「わからない」ってのはオレの顕在意識の話か。潜在意識や宇宙には無限に知恵もアイデアもあるんだろう。

それを信じて、ヒントが来るのを信じて、たとえ今はなにをやっていいかすら分からなくたって、きっとうまくいく。いや、必ずうまくいく。

なぜうまくいくのか、なぜなら、宇宙ってのはそういうふうにオーダーを叶えてくれるもんだから。

そうやって信じることだな。

想像もできない素晴らしい知恵や方法や、ソコにたどりつくための道筋なんて宇宙には無限にあるんだよ。

どんなことが起きるのか。どうやって、目標達成までつなげていくのかは、宇宙が考えることで、人間が考えることではない。

じゃあ、人間にできることは何か。

それは、宇宙の演出を受け入れて、素直に行動し、言葉の力を最大限に生かしてオーダーの力を強めることだ。

とにかく、ありがとう・愛してます、このフレーズはずーっと言い続けていよう。顕在意識と潜在意識をシンクロさせることが大事だ。

そして、何があっても「やった、これで夢がかなったぞ!」と言い続けること。

まずはこの二点だな。うん、この本は実にやることが明確でいいですね。

※ドSの宇宙さんには購入特典の動画があるので、買った人はぜひこれを見るのを忘れないようにしましょう。面白いですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする