反省のとき 見栄を貼って嘘やごまかしをしてしまうのをやめよう

1月も後半になりますが、まだ今年の目標を立てていません(笑)というわけで、2017年の目標をたくさん考えています。

仕事での目標、生活での目標、精神的な目標……いろいろあります。目標ってたくさんあってもいいものだし、来年は飛躍の年にしたいから、多くのことを達成したいのです。外面的にも、自分の内面的にも成長したい。

とりあえず、内面的な目標、精神的な目標には「もっと自分を好きになる」「いい人をやめてガマンをしない」「嘘やごまかしをなくす」などがあります。

今日はそのうち「嘘やごまかしをなくす」のお話。

スポンサーリンク

見栄を張って嘘をつく悪癖が

自分は小さい頃から「見栄を張るための嘘やごまかし」をしてしまうことがあるんです。
たとえば……これは子供の頃の話なんですが……わたしはいままで一度も海外旅行に行ったことがありません。パスポートを持ったこともありません。

今はそれを正直にいえますが、子供の頃に「海外旅行に行ったことがあるか?」という話題になったとき、「ある」と見栄をはって適当な話をでっちあげていました。

子供が海外旅行に行ったことがないなんて、普通のことだと思います。でも、オレが住んでいた地域はお金持ちの多いところだったので、みんな当たり前のように海外経験があったんですよ。

そこで「ない」って言ったら、なんか馬鹿にされるような気がしたんですね。

大人になってからは、学歴のことや収入のことや貯金のこと、過去の恋愛経験のことなどでつい見栄をはってしまうことが、よくありました。早い話が「話を盛る」わけです(笑)童貞なのに経験があると言ったり(笑)これは男性には多いと思いますが。特に、過去の恋愛経験について嘘をつく男性は44%以上いるそうです(だからって良いわけはないです、もちろん)

また、自分は持病があるんですが、それを隠してしまうことがあります。コンプレックスなんでしょう。

他に、長期引きこもり時代のことをごまかして話すこともある。適当にでっちあげて話したり(履歴書なんかにはちゃんと書くんですよ?)話しにくいことってありますよねえ。

リアルだけじゃなく、ネットでもあります。以前にやっていたブログで、たいして知らないことをさも詳しいように書いたり、やったことがないことを経験があるように書いたり、そんなことをしていました。ああ、恥ずかしい……

良心がイタミに耐えられなくなった

こういう、日常会話の中での「嘘やごまかし」って、多少なら誰でもあると思うんです。多少ならいいと思うんですよ。人間関係を円滑にするのに嘘は欠かせないときもある。つい見栄をはって嘘を言ってしまうことだってあるでしょう。

でも、ちょっと自分はそれが多すぎた、と思っているんです。自分が虚言癖なんじゃないかと真剣に悩んだこともある。でも、要するに自分に自信がないから見栄を張ってたんですよ。それでとっさに適当な話をでっちあげちゃうんです。

ああ、くだらなかったなあ。

もちろん、人から何かをだまし取ったり、公的文書におかしなことを書いたり、犯罪になるような嘘をついたことは一度もありません。でも……悪いことは悪いことです。

まあ、子供の頃なら笑って済まされるかもしれませんが、大人になってからも、それが続いていた。そのことで、すごく罪悪感をおぼえるようになりました。

いままでだって罪悪感はあったけど、なんか以前よりもずっと苦しくなってきた。こんな自分が心底イヤになってきたんです。

よい捉え方をすれば、これは良心が強くなってきたってことだと思います。もっともっと正直に生きたいと思うようになってきたんだ。真っ当な人間になりたいという気持ちがでてきたんだ。

だから、2017年からは、見栄を張るための嘘やごまかしはやめようと思います。強く自覚して意識すれば、きっと大丈夫。正直に生きよう。そして、どうしても言えないことは「言えない」と言う。これしかない。

あと、このことで自分をあまり責めないようにしよう。「自分をゆるす」って考え方を学んでおいて本当に良かったです。自分を責めるよりも、変わること。

自分に自信がなかったけど

「いままでの人生で、なんでこんなに、ろくでもない嘘やごまかしをしてしまっていたのか?」と考えた時、自分はありのままの自分に自信が無かったのですね。そして、他人から悪く言われたり、見下されたり、低く評価されることを必要以上に恐れていたのですね。

それもやめなくちゃいけない。他人基準の自己評価から卒業しなくちゃいけない。
そういえば、ちょっと前にあのショーンKさんが仕事に復帰しているってニュースがありましたね。

自分は、自分自身がこんな人間だから、「経歴詐称」とか「学歴詐称」なんていう人のニュースを聞いても、あんまり悪く言えない、悪く思えないんです。

公的なことで経歴をごまかすようなことはないけど、それにしても……オレがやってきたことも、結局は同じだと思うから。

だから、これからは正直に生きよう。大事なことなので二回ピンクで強調して書きました。ごまかしはやめよう。

あと、もしそういうふうに自分をごまかしてしまう人に会っても、寛容になろうと思う。

自分は警察のお世話になったことはないですが、世の中には前科があってそれを隠しながら生活している人もいるでしょう。また、それほど深刻ではないにせよ、どうしても正直に言えない事情を抱えている人だっていると思います。オレと同じように、自分に自信がなくて見栄をはる目的で嘘をついてしまう人もいるでしょう。

そういう人にもし出会ったら、かならず寛容になろうと思います。だって、自分が通ってきた道なんだから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする