復縁はホ・オポノポノのおかげだったりして&悪口なんて絶対に言うもんじゃない

以前に、「9月に別れてそれっきり疎遠になっていた元彼女から、12月になってメールが来た」「飲みに誘われた」という話を書きました。(その記事は消えてしまったようです、スイマセン……)

後者は占星術でいう「水星逆行」の期間と重なっていたんで、そのせいもあるんじゃないかと(水星逆行の期間は過去の恋人が気になったり、再会が多いらしいです)

で、その彼女と復縁することになったんです。

むこうが「もう一度つきあいたい」と言ってきて、オレは本当にびっくりしました。人生で一番ビックリしたかもしれません(笑)

まったく復縁の予兆がなかったもので……ただ、親友の女友達に相談したときは「それは絶対に戻ってくるよ」と言われましたので、女性同士だとなにか感じるものが会ったのかもしれないけどなあ。

スポンサーリンク

ホ・オポノポノのおかげだったりして?

別れたとき、彼女は本当にずいぶんオレに対して腹を立てていたらしい。それがどういう心境の変化が起きたのか、不思議です。

また、彼女の周りには他にもお金持ちの男やイケメンの男がいるんですよね。それにもかかわらず、自分と「またつきあいたい」と言ってくれたのが本当に不思議です。

理由はわからない。

あまり思い当たる理由が特にないので、もしかするとこれも言霊の力じゃないか、とか、ホ・オポノポノのおかげじゃないか、なんて思ったりします(笑)

ホ・オポノポノの本や「ドSの宇宙さん」を読んでから、ずーっと「ありがとう」「愛してます」という言葉を唱え続けていますから。

あとは、斎藤一人さんが最強の波動を持つ言霊と言っていた「あめのみなかぬしさま おたすけいただきまして ありがとうございます」も唱えていました。

と言っても、別に復縁したくて唱えていたわけじゃないんです。もうずーっと続けているから、単に習慣になっているんですよね。

別れた後、彼女のことを思い出したり、噂を聞いたりしたときもずーっと心のなかでホ・オポノポノのクリーニングをやっていました。

怒りとか、寂しさとか、そういう感情がわきあがってきたらそれも全部クリーニングしていました。

まあ、そうやって感情を安定させないと落ち着かないってのもありましたけど。もともと、オレがホ・オポノポノを始めたのは4年前につきあっていた彼女と別れたことがきっかけでしたしね。

悪口なんて絶対に言うもんじゃないぜ

あと、オレが別れた後に彼女のことを一切悪く言わなかったのもよかったみたいです。

向こうは別れた直後はずいぶんとオレのことを悪く言っていたようですが(笑)それでもオレは「彼女はいい人なんです、自分が悪いんですよ」と言い続けていたし、いろいろ事情を知っていてオレにむかって彼女のことを悪く言ってくる人もいたけど、それに絶対に乗っからなかった。

これが良かったみたいです。

やっぱり別れた恋人の悪口なんて絶対に言うもんじゃないですよ。悪口を言っていると、言っている本人が悪いことを引き寄せてしまうから。これは別に、別れた恋人だけに限らない。誰の悪口だって言わない方がいい。だって、それを言っているのは「あなた」なんですから。

悪口を言っている時ってのは、あなたが悪い種をまいているのです。それを刈り入れるのは誰ですか?悪口の相手ですか?そうじゃないんです、言っている本人なのです。

悪口というのは、結局のところ言っている方が勝手に自滅するのです。だから、もしあなたが悪口を言われていたとしても、勝手に言わせておけばいい。気にしなければ勝ちなのです。


どんなひどい別れ方をしても、悪口を言わずに相手に感謝する。

これができれば次はもっと良い恋愛ができると思うし、オレみたいに復縁する可能性もありますから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする