ネガティブな感情を否定しないホ・オポノポノはすごく優しい

実は、引き寄せの法則よりもホ・オポノポノのほうが自分に向いているんじゃないかと思うことがある。

ホ・オポノポノは願望も持たないし、むりにポジティブに考えようともしないのです。ここがいいよね。

スポンサーリンク

感情をしっかり受け止めて……

ホ・オポノポノでは、ただ、ひたすら浮かんでくる感情や思いをクリーニングしていく。悲しいことやつらいことはもちろん、楽しいことや嬉しいこと、自分が思ったり感じたりすることはすべてクリーニングする。

それによって「ゼロ」の状態になると、神聖なる存在からのインスピレーションを受けられるようになり、自分にふさわしいことが自然と起こるようになる、ってことらしい。

たぶんこの「ゼロ」ってのは日本で言う「無の境地」「無我の境地」ってのと同じ意味だと思うんだけれどね。

クリーニングの方法は簡単で「ごめんなさい」「ゆるしてください」「ありがとう」「愛してます」の4つの言葉を唱えるだけ。「ありがとう」「愛してます」だけでもいいし、そのどちらかだけでもいいようです。

ネガティブな感情や嫌な思いもむりやり抑えつけるのではなく、しっかりと感じながら「ありがとう」「愛してます」と唱えるのがいいらしい。しっかり受け止めて昇華させるってことなのかな。
引き寄せの法則ではネガティブな感情や否定的な考えは悪いものとして扱われるけど、実際のところ感情や考えてってコントロールするのが難しいものだから、このホ・オポノポノの自然なアプローチはとても良いと思う。やりやすいと思う。

ホ・オポノポノの関連本はすごく面白い

それに、ホ・オポノポノの本は読んでいてすごく面白いんだよー!!真理に触れている感じがする。なんというか、なんと言ったらいいのかな……そう、真理に触れているという気がする。大事なことなので二回書きました(笑)

今までまったくなかったような新しい考え方だし、理屈で受け止めようとするとさっぱりわからない。だけど、なんか自分の心の奥底深くにあるセンサーみたいなものがビンビン反応しているような気がするんですよ。読んでいる内に、気持ちがクリアになっていく気がするんですよ。

こころが洗われる、とはまさにこのこと。魂の洗濯だね。あ、洗濯じゃなくてクリーニングか……

このホ・オポノポノの本では「ヒューレン博士」と「KR女史」という二人が指導者(?)として紹介されることが多いけど、この二人の話はなかなかエキサイティングだ。

とくにKR女史の話は本当に面白くて「ホ・オポノポノライフ」は何度も読んだ。読みすぎてボロボロになって二冊目を買ったくらいだ(笑)

もっともっと聞きたいと思うんだけど……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする