ショックなこと、つらいことがあっても「いいことが起こる」「いいことに変わる」

生きていると、いろいろな事が起こります。いいこともあれば、ちょっとショックな事もあるでしょう。

ただ、大事なのは起きたことに対する反応です。

この世界では、自分の考えたこと、感じていることが、これから自分に起こる現象を決めるのですね。

だから、たとえ嫌なことがあっても、ずーっと落ち込み続けていてはいけませんよ。スッと気持ちを切り替えることで、運命も切り替わるのです。

スポンサーリンク

気持ちを切り替えることでその先の運命が

いいことが起きた時はもちろん、ショックなことがあったときも、そこで気持ちを落ち込ませ続けちゃいけない。

「ここからきっと、いいことが起こる!」「このことはきっと、いいことに変わる!」と、うまーく気持ちを切り替えて、実際にそうやって言葉に出していると、本当に、いいことが起こるようになるそうです。

自分の持っている信念や、信じている前提が、現実になるのがこの世界なのですね。

人間には感情がありますから、つらい時や苦しい時に、腹が立ったり悲しくなったり不安になったりすることもあると思います。

でも、できるだけすぐに気持ちを切り替えて「ここからきっといいことが起こる!」「このことがきっといいことに変わる!」と強く信じること、ですね。

言葉の力を借りよう

もちろん、気持ちっていうのはそうカンタンにコントロールできるものではないかもしれません。自分だってそうです。「気持ちを切り替えろ!」と言われても、なかなか切り替えられるものではないです。

そういうときは、言葉の力を借りましょう。「ここからきっといいことが起こる!」とか「このことがきっといいことに変わる!」とか口に出して何度も唱えてもいい。

また、「ありがとう」「感謝してます」「楽しい」「しあわせ」などの良い言葉を唱え続けるのもいいですね。ずーっと言っていると、なんだか楽しくなってきたり、安心感がわいてきたりします。

また、今なにか願望や目標がある人は、このブログで何度か紹介している「借金2000万を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」に書かれていた「やった!これで願いがかなったぞ!」という言葉をつぶやくのもいいかもしれません。

何が起きても、それを自分の願望の達成と「紐付ける」ことを繰り返すことで、達成の気持ちが強化されて、願いが叶うようになる、ということです。

ともかく、生きていればイロイロなことがあります。たとえつらいときも、いい言葉を唱えて、できるだけ早くいい考え方ができるといいですね(ΦωΦ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする