願いよりも思考よりも、現実になりやすい「前提」を口ぐせで変えていこう

行動!行動!行動!!

やっぱり夢を叶えるには行動するしかないんですね。最近それを強く感じさせられます。

引き寄せの法則をいろいろ学んでも、それだけじゃ何も変わらない。考え方を変えて言葉を変えて、行動することで願いは現実になるわけですよね。もっとも、考え方を変えて言葉が変われば、自然と行動も変わってくるもんですから、あまり強く意識しすぎなくても大丈夫とは思いますが。

さて……今日は前提の話。

スポンサーリンク

前提が叶うように人生が進む

僕はずっと「自分は行動力がないからなあ」なんて思って言葉にすることもあったんだけど、これは絶対にダメです。

なぜなら!!「自分は行動力がない」って思ったり口にだすたびに、その考えが強化され、宇宙へのオーダーになってしまう。結果、「自分は行動力がない」という現実が創造され、実際に行動力のない自分を「体験する」ことになってしまうんですね。

行動力が欲しかったら、「自分は行動力があるんだ!」と口に出して思わなくちゃいけない。願いはすでにかなった形、過去形で言葉にする。これが基本です。

そういえば「ドSの宇宙さん」でおなじみのコイケヒロシさんが、こんなツイートをしていたんですよ。

小池浩さんはよく「前提」という言葉を使ってらっしゃいます。宇宙はあなたの前提を証明しようとしている、と

たとえば。上の僕の例で言うと、まず自分の中に「自分は行動力がない」という前提がある。だから、生きていると「自分には行動力がないんだ」と思わせるような現実がどんどん創造されていくわけです。

自分は行動力がないという前提があるから、行動力がないという結果が来ていたわけです。

斎藤一人さんのお話

前に斎藤一人さんが「学歴がないから馬鹿にされる、と思っていると、実際に馬鹿にするヤツが出てくる。中学校しか出てないから得なんだ、と思っていると、実際に得なことが起こる」という話をしていましたけど、これも同じことだと思うんですよ。

「学歴がないから馬鹿にされる」という前提を持っている人の前には、その現実が創造される。「中学校しか出てないから得なんだ」という前提を持っている人の前には、その現実が創造される。どちらも同じパターン。

あと、もうひとつ、斎藤一人さんは「自分に価値がない」と思っている人の前には、実際に自分に価値がないと思わせるようなことが起こる、という話をしていたこともあります。

自分はスゴくないと思っている人が頑張っても、脳と心が「自分はスゴくない」という思いの証拠集めを始めるから、と。

「斎藤一人 世界一ものスゴい成功法則」 (語り下ろしCDつき!)
斎藤一人
マキノ出版 (2015-07-15)
売り上げランキング: 18,353

それを変えるには、まず「自分はスゴイんだ!」と言葉にして何度も言うことで波動を変えることが大事だそうです。つまり、前提ですよね。

言葉で前提を変えよう

さて、あなたはどういう前提を持っているか、っていうお話なんですよ。

まず今持っている否定的な前提、自分の人生に役に立たない・楽しくない前提に気が付かなくちゃいけない。

そして、気がついたら言葉を変えて、口ぐせを変えて、前提を変えてしまうんです。思いを変えられなくてもいい、まずは言葉で変えてしまう。それだけで人生は大きく変わるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする