あなたの発した言葉が増幅されてそのまま現実に返ってくる

「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」はついに10万部を超えたそうで、本当にスゴイですな。

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ
小池 浩
サンマーク出版
売り上げランキング: 133

確かに、これほど面白くわかりやすく引き寄せの法則や潜在意識のメカニズムを説明した本はなかったと思います。

それに、著者が本当に借金2000万円を抱えた状態から成功した人である、ということで説得力もありますよね。そのあたりが人気の秘密かと思います。

スポンサーリンク

発する言葉が増幅されて現実に返ってくる

宇宙ってのは、宇宙にあふれてくるエネルギーをただただ増幅させる場だ。そしてそれを目の前に形として形成する。

それが宇宙の性質だ。

そのエネルギーの波動として、宇宙が最もキャッチしやすいのが、その人が信じきっていることや、言葉。普段口に出している言葉、口ぐせだ。

「願いがかなうしくみ」は、カンタンに言うと、自分が口から出したものが、そのまま増幅されてるだけ。「口にした願いはかなう」とき、そのしくみは、自分が発したエネルギーを、宇宙空間が増幅、増幅、増幅して、それが返ってきているだけ。

自分の発している言葉や思い込み、そういうものがそのまま現実に返ってきて、願いが叶っている……というわけです。だから、願望は「すでに叶った」ものとして過去形にして言葉にするのが正しい、というわけなんですよね。

「⚫⚫になりたい」「⚫⚫が欲しい」では、「なりたい」「欲しい」という状態がそのまま続くわけです。

「できない」のような否定形の口ぐせはもちろん、「なんとかしてください」といった懇願口ぐせもNGだそうです。それがそのまま返ってきちゃうからね。悪口や愚痴がNGっていうのも、同じ理屈なんでしょう。自分に返ってくる。

宇宙には善悪も、解釈もない。びっくりするほどない。

人がつぶやいた口ぐせが、ただひたすら増幅され、現実になるだけ。

斎藤一人さんは「あなたが出している波動が願い事になっていて、波動どおりのもの、現象を条件抜きで目の前に出してくれる」というお話をしていましたが、これもまったく同じことだと思います。

これまでしたことのない話
斎藤一人 舛岡はなゑ
サンマーク出版
売り上げランキング: 30,711

「感謝して生きればいいことがある」っていうのは、その感謝の言葉や気持ちが増幅されて自分に返ってくるからなんですよね。「イメージをし続けるとその願望が叶う」というのも、イメージしている間は達成したときと同じ波動になるから……というわけなんでしょう。

とは言え、常に良い気持ちで生きること、願望が叶ったところをイメージし続けること、これがなかなか難しい場合も多いと思います。

だから言葉を使う。

繰り返し繰り返し良い言葉を唱え続けたり、理想の状態になったことを過去形で感謝していると、自分の発している言葉につられて波動が変わってきて、現実が変化してくる……というわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする