合わない仕事をやめて、より自分に合う場所・職場を探すのは前向きな行為

4月になって、新社会人・新しい職場で働き始めた人・新しい学校、大学に入学した人も多いと思います。

ネットニュースでは「職場を2日でバックレた男性」というのが話題になっていましたが、なかには、新しい環境がつらくて「もうやめたい」という人もいるかと思います。

スポンサーリンク

自分に合う場所で働くことがとても大事なこと

仕事を辞めるコト自体はまったく悪いことではありません。人間って「向いている仕事」「楽しめる仕事」につくのが一番大事なことなんです。

仕事って生活の時間の大半を占めるものですから、仕事が苦痛だと人生自体が苦痛になってしまいます。これはいいことじゃないですよね。

人間はそれぞれ個性があって、考え方も違えば能力も違うし、相性もあるのです。

自分がしっくりくる職場、自分の能力をいかせる職場、相性のいい人たちが多い職場、そういうところを求めて転職をするのは、自分の人生をよりよくしよう!という前向きな行動だと思います。逃げや甘えなどでは決してありません。

自分に合わないことを無理に続けていたり、相性の悪い人に延々と囲まれていることは、自分で自分を不幸にする行為です。

もちろん、仕事を辞めることによるデメリットはあります。次の職場を探す過程で「短期間で前の仕事をやめた」ということを突っ込まれることがあるかもしれません。給与が下がったり、思うように次が見つからなかったりすることもあるでしょう。

でも、こういうのはすべて本人が決めて本人が責任を負うことです。それを理解したうえで秤にかけて、それでも今の仕事を辞めたいというなら、もっと自分に合った環境を求めて次のステップへ向かうのが良いと思います。

バックレはやめようね

あと、辞める時はきちんと言って辞めたほうがいいです。バックレは相手を不安にさせるし迷惑をかけることもあるので、せめて一言言って退職しましょう。(私もバックレ経験があるので、偉そうなことは言えませんが、やっぱり後々重荷になります)

もう精神的に追い詰められすぎていておかしくなっているとか、正式な手順を踏んで退職しようとしても絶対に辞めさせてくれない問題のある職場だとか……そういう事情であればバックレるのもやむを得ないかもしれませんが、

そういう例外を除けば、たとえ面倒だったり恥ずかしいという思いがあっても、ぐっとこらえてきちんと退職の手続きをしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする