ツイてる・感謝してますという言葉の不思議な力&徳を貯める

斎藤一人さんの一番弟子である柴村恵美子さんの「人生に悩んだとき神様に応援してもらう方法」を読んでいました。

斎藤一人 人生に悩んだとき神様に応援してもらう方法
柴村 恵美子
PHP研究所
売り上げランキング: 20,916

この本では改めて「ツイてる、感謝してます」という言葉を唱えることがすすめられています。

スポンサーリンク

徳を貯める言葉

もともと斎藤一人さんの天国言葉(愛してます・ツイてる・嬉しい・楽しい・感謝してます・しあわせ・ありがとう・ゆるします)の中に含まれている言葉ですけど、

特にこのふたつ「ツイてる・感謝してます」を毎日100回言うことで、実際にツイてること、感謝したくなるようなことが起こるし、さらに「徳」を貯めることもできるそうです。

毎朝「ツイてる!感謝してます!」を100回言って、一日を始めます。そうすると起きる出来事すべてがツイていて感謝することに変化していくのです。

また、普段から、自分ができる範囲でいいので、困っている人を手伝ったり他人の役に立つことをする。そうすることで徳を積んで貯めることができるそうです。

(逆に陰で人の悪口を言ったり、他人を傷つけたり、ゴミをポイ捨てしたりすると、徳は減ってしまうんだとか)

徳が貯まっていると、ツイてることが起きたり、ここ一番というときに運のいいことが起きて助けてもらえたりするんだとか。

で、この「ツイてる、感謝してます」という言葉を言うことも徳を貯める言霊になるそうですよ。

そういえば、日本一の大株主として有名だった竹田和平さんは「徳を積むと運がよくなる。そして、ありがとう、という言葉で徳を積むことができる」という話をしていましたが、

いま伝えたい生きることの真実
竹田 和平
生活文化出版
売り上げランキング: 153,816

これも同じことなのかもしれませんね。

徳を積むことを僕は「貯徳する」と言っているんだけども、いちばん簡単な方法は、「ありがとう」を唱えることなの。

騙されたと思って、最初は思い出したときだけでもいいから「ありがとう」を連続して口に出して唱えてごらんなさい。必ず運が良くなっていくから。運がいいか悪いかは、徳があるかないかで決まるの。

運がいい人に「あの人は徳があるわね」という言い方をするけども、運の前に徳がある。徳を積むにはありがとうを唱える。世の中には、そういう天法があるんだわ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする