ありがとう、ツイてる…言葉には人生を変える力がある&タイムラグはありますが……

俺は2012年くらいから、いわゆる「使えるスピリチュアル」「スピリチュアル的な成功法則」の本をよく読むようになりました。その中でも特に感銘を受けたのが「言葉・言霊のパワー」についてです。

ありがとう、愛してます、ツイてる……良い言葉を言っていれば、どんどん良いことが起こるし人生が良くなっていく。斎藤一人さんの天国言葉、ホ・オポノポノ、小林正観さんや五日市剛さん・竹田和平さんの「ありがとう」の力などなど……

スポンサーリンク

言ってるだけなんてカンタンすぎる!

なぜこの手の話に感銘を受けたかというと、ラクだからです(笑)言っているだけでいい、こんなラクな話がありますか!?最高じゃん!

もともと、潜在意識的な成功法則には興味があって、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」や、マーフィー解説本の「マーフィー100の成功法則」は好きだったし、中村天風先生の本なんかも楽しく読んでいたんだけど、なかなか実践できてなかった。

というのは「考え方を変える」って難しいんですよ。考え方ってカンタンに変わらない。

でも、言葉を変えるだけなら楽勝でしょう。呪文だと思って言っているだけでいい。特にありがたいことが無くても、幸せなことがなくても、とりあえず「ありがとう」「幸せ」と言えばいい。ただ口に出せばいいんだから、こんなにカンタンな話はない。

それで、ここ数年はずーっと「ありがとう」「愛してます」「ツイてる」「あめのみなかぬしさま、お助けいただきましてありがとうございます」などの言霊を繰り返し繰り返し、ヒマさえあれば唱えています。

それで、やはりだいぶ人生は良くなりました。少しずつ少しずつですけど。たいして苦労もなくお金や欲しいものをたくさん手に入れたし、楽しい経験もいっぱいした。「こんなうまい話があるかな?」という奇跡的な出来事が何度も起きました。

別にいいことばかりが起こっているわけではなく、「これはピンチかも?」と思うようなことはたくさんあったのですが、気がつけば上手に切り抜けています(笑)

返ってくるまでのタイムラグ

確か小林正観さんだったと思うけど、「投げかけたものが返ってくるには、少し時間がかかる」という話しをしていたと思います。自分が投げかけたものが返ってくるまで3年周期くらいで考えるといい、と。

啼かなくていいホトトギス
小林 正観
中経出版
売り上げランキング: 126,212

また、ベストセラー&ロングセラーになった「ドSの宇宙さん」の小池浩さんも、願いを言葉にし続けていても、それが叶うまでにはタイムラグがある、そこを乗り越えなくてはいけない、という話を本に書かれていました。

ありがとう、愛してます、ツイてる……こういう言葉を言い続けていても、それが良い結果として返ってくるまでにはちょっと時間がかかるような気がしますね。

池にポチャンと石を投げ込むと波紋が広がっていきます。それがどこかにぶつかって返ってきて、石を投げた場所に帰ってくるまでには少し時間がかかります。

言葉と波動の共鳴もたぶんこれと同じですが、それを宇宙規模でやっているのだとしたら、まあ多少時間がかかるのは仕方ないんでしょう。

ただ、いい続けているほど、そのタイムラグが短くなっていくこともあるでしょう。

あまり深く考えないことです。人生を良くするコツは、お気楽に適当に考えること。あんまり真面目にならないほうがいいね!いいかげんはいい加減なんです。

結局は、期待しないで無心にひたすら良い言葉を唱え続けていればいいんです。良いことは、忘れた頃にやってくる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする