斎藤一人さんの振動数の話が面白い&人間だけが波動を変えられる

斎藤一人さんの「大丈夫、すべてはうまくいっているからね。」の付属CDのお話「振動数の話」をまたよく聴いています。

わかりやすくまとめると

・人間だけが振動数を変えることができる

・振動数が高い人は何をやってもうまくいく

・振動数が下がっていると嫌なことがたくさん起こる

・早いものに乗ったり、早く仕事をしたり、大きな声を出したり、楽しいことを考えると振動数が上がる

・落ち込むと振動数が下がるから、できるだけ下げないようにする

・他人の振動数を上げてあげようとする人は、好かれる

というような内容でした。

詳しくは音声を聴いてみるといいですよ。

斎藤一人さんの話は本当にわかりやすくて面白いので良いですね。

スポンサーリンク

万物の霊長である人間だけが波動を変えられる

斎藤一人さんは最初に書かれた「変な人が書いた成功法則」で、「人間が万物の霊長と言われるのは、人間だけが波動を変えることが出来るから」というお話をしていました。

原子の違いは、そのエネルギーが何周回っているかということです。

金と銀の違いは、金は金の核数がエネルギー体を回り、銀は銀の核数がエネルギー体を回っているということ。つまり、出ている波動の違いです。

ガラスはガラスの波動が出ているからガラスです。

豊かな人は豊かな波動が出ていますし、貧しい人は貧しさという波動が出ているのです。

しかし、人間は万物の霊長と言われています。万物の霊長は、この波動を変える力を神さまから与えられているのです。

ですから、人間は波動を変えることによって成功者になることも、失敗車になることもできます。

変な人が書いた成功法則 (講談社+α文庫)
斎藤 一人
講談社
売り上げランキング: 2,754

この「波動」と、振動数ってのは似たようなものなのかもしれませんね。

波動が変わると人間は変わって、人生も変わる。

そして、その波動を変えるのに一番カンタンな方法が言葉を変えることである、という話もありますね。コレに関しては「絶対に成功する千回の法則」にくわしく書かれています。

なにはともあれ肯定的な言葉を使うこと。楽しいこと、明るいこと、自分にとって都合のいいことを考えること。大きな声を出して、ちょっと早く行動すること。

そういうことを日々心がけて、生きていくと、だんだん波動が変わってきて自分の人生に起こることも変わるんだろうなあ~と楽しみにしてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする