「自分は◯◯だ」「人生は◯◯◯」思い込みが人生に起こることを決めていく

最近は「思いこみ」「前提」の大切さっていうものを強く感じます。自分が思い込んでいること、普段から考えている前提っていうのが、人生に大きく影響を与えていると思うんですね。

たとえば、前の記事で紹介した「そのままで大丈夫!」という言葉にしても、いい続けているとだんだん本当に「自分は大丈夫なんだ」という気持ちになってきますよね。そうすると、本当に人生が大丈夫なことばかりになってくる。

ところが、「自分は大丈夫じゃない」と思っていると、それがそのまま宇宙に発信されて返ってきますから、本当に「大丈夫じゃない」こと、つまりあんまり良くないことが起こってしまうのです。

「自分は大丈夫だ」と思えるようになることってすごく価値のあることだと思うんですよ。ぜひ、「大丈夫」という言葉を言い続けてみてほしいですね。

他にも「自分は運がいいんだ、ツイてるんだ」と思っていると、本当に「自分は運がいいなあ」と思うようなことが引き寄せられるわけです。

そういえば、まわりを見ていると「自分はモテる」と思っている人って、容姿や経済力にかかわらずけっこうモテている気がしますね(笑)

これも信念のパワーなのでしょうか。

スポンサーリンク

楽しくないと思っている人には楽しくないことが……

また逆に否定的な思い込みや前提もしっかり叶ってしまいます。

「自分はダメだ」と思っていると、その通り「自分はダメだ、と思わさせられるような現象」を引き寄せるわけです。

「人生って楽しくないよなあ」と思っていると、本当に「人生って楽しくないよなあ、と思わさせられるような現象」が起こるわけです。

「人生は厳しいんだぞ」と言っていると、本当に厳しい人生になる。

そういえば、斎藤一人さんが「自分はバカにされる、と思っていると、脳は本当に自分をバカにするような人を連れてくる」という話をしていました。

これも引き寄せの法則の一種なのかもしれないですね。

思い込みや前提は言葉で変える

ということで、前提や思い込みを変えることが、すごく大事だと思うんですよ。

とは言え、長年ずっと一緒にやってきた心の前提を、「考え方を変える」という方法だけで変えようとするのは大変なんです。ココロはなかなか自由に動いてくれない。

だから、言葉のパワーを借りるわけです。

「大丈夫」「ありがとう」「ツイてる」などのいい言葉をずーっと言い続けているとよいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする