「豊かで幸せ」という言霊が現実を創造する、豊かでハッピーに変える

豊かさや幸せを生活の中に引き寄せたい場合、もっとも手軽で効果的な方法は「豊かで幸せ」という言葉を何度も何度も唱えることです。

スポンサーリンク

言葉には波動があり、波動は現実を引き寄せる(創造する)

このブログの読者の方はもう「言霊」のことがぼんやりでもわかっている人が多いと思います。言葉には固有の波動がある、ということはもう理解していると思います。

そして、自分が言葉を発して放った「波動」が、めぐりめぐって自分に返ってくる、ということもわかっているでしょう。

また、引き寄せの法則は「自分が発している波動と、同じ性質のものを引き寄せる(創造する)」というのが基本原理です。

常に豊かで幸せな波動を発していれば、特別なことをしなくても豊かで幸せな人生になっていく。

とは言え「豊かで幸せな波動を発する」なんて、一体どうすればいいのか?なかなか難しいものです。だから、とりあえず言葉に出して言う。言い続ける。

「豊かで幸せ」と言っている間はずっと、自分から「豊かで幸せな波動」が出ている状態になるのです!

ちなみに「自分は豊かで幸せだ」と言うのもいいんですが、ただ「豊かで幸せ」というほうが脳の抵抗が少ないので受け入れやすいのですね。

潜在意識はあまり主語を理解しませんから「豊かで幸せ」とただ単語で唱えるだけでも、効果があるのです。(もちろん、心の底から「自分は豊かで幸せだ」と思える場合は別ですが)

最近読んだ「斎藤一人 成功の花を咲かせなさい」にも「豊か、豊か、豊か」「幸せ」「ツイてる」という言葉を繰り返すのが良いと書かれていましたが、慣れないうちはやはり「私」をつけないほうがいいとのことです。

斎藤一人 成功の花を咲かせなさい
斎藤 一人 宇野 信行
学研プラス
売り上げランキング: 5,034

「私」って言葉には、ものすごい肯定のパワーがあるの。でも、肯定の力が強力なぶん、脳も全力で否定してくるんだ。

だから、まだいい慣れないうちは「私は」って言葉は使っちゃ駄目だよ。

「豊か、豊か、豊か」って、それだけ言ってみよう。この言い方だと、脳が拒絶反応を起こさないんだね。

これがね、「私は豊か」って言うと、脳が「通帳の残高、5ケタしかないよ」とか、いろんなデータを引っ張り出してくるの。脳はあなたの過去のデータをいっぱい持ってるんだよ(笑)

それでもめげずに「豊か」「幸せ」「ツイてる」って新しいデータを打ち込むの。言い慣れてきたら、「私は」ってつけて、打ち込んでごらん。

そうすると、脳は最終的に諦めて、あなたを認めるよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする