他人の豊かさ、他人の幸せを考え願うことが、自分の人生を好転させる

豊かさを考えていれば豊かになる。幸せをイメージしていれば幸せになる。楽しいことを考えていれば、楽しいことを引き寄せる。

これが心の法則、潜在意識のパワーなんだ、ということは、引き寄せの法則などの本を読んだことがある人はよくわかると思うんです。

望む望まないにかかわらず、私達は、自分の今の状態、自分の今の波動と同種のものを引き寄せてしまう。

だから、なるべくいつも楽しく気分の良い状態でいること、なにかにつけて感謝すること、良いイメージを持つこと、が大事になるわけです。

スポンサーリンク

他人についてのイメージ、他人についての考えも自分に引き寄せる

で、潜在意識には主語がないという事も聞いたことがあるでしょう。「誰が」ということをあまり認識しないのです。

だから、「自分の豊かさ=他人の豊かさ」「自分の幸せ=他人の幸せ」「自分の楽しみ=他人の楽しみ」ということになるんですよね、潜在意識の中では。

なので、自分のことはもちろんですが、他人についても常に豊かでいる状態、幸せな状態、楽しんでいる状態をイメージしてあげることが大切です。他人の豊かさ、他人の幸せ、他人の楽しみを願い考えている人は、自然に自分にも豊かさと幸せと楽しみを引き寄せることになる……というわけです。

他人について、なんであれいいイメージを持ち、他人の幸せを考えて念じることを習慣にしてみてください。難しいようですが、やってみるとすぐに慣れるし、カンタンです。

同じ理由で、不幸な人や、貧しい人、病気の人などに同情しすぎるのも良くないのです。

あなたが不幸な人のことを考えていると、それは「不幸を引き寄せている状態」になります。あなたが「貧しい人」について考えていると、それは「貧しさを引き寄せている状態」になります。それが優しさからくる同情心であっても、です。

たとえ今の現実がどうであれ、頭の中・心の中では、常に自分も他人も良いイメージ、幸せな理想像を着せてあげることを意識してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする