16時間断食を始めた成果もあってアトピー性皮膚炎が改善した

以前にちらっと書きましたが、私は10代後半からずっとアトピー性皮膚炎を患わっています。

重度のときは入院したり、まともに動けずトイレに行くにも一苦労したり……なんてこともあったのですけど、ここ10年くらいは皮膚科の薬をもらって割と安定していました。

さらに、最近は16時間断食を始めた成果もあって、ほとんど薬を塗らなくても大丈夫になりました。

スポンサーリンク

ただ「16時間食べない」だけ

以前から、断食や半日断食がアトピー性皮膚炎に効果がある、というのは知っていたのですけども、なかなかメニューを考えるのが面倒だったり、ストレスで食べすぎてしまって続かなかったのです。

そこで今回はシンプルに、ルールはただひとつ「16時間食べない」だけ。

と言っても睡眠時間を含めて16時間なので、夜の8時に夕食を食べたら次は12時に昼ごはんを普通に食べることができます。実質的には朝食抜き&夜食禁止みたいなもんでしょう。

「何を食べるか、何を食べてはいけないか」のようなルールは一切考えませんでした。面倒になると続かないので。とにかく「16時間固形物を摂らない」の一点に絞ったので割と楽に続けられました。

もちろん、どうしてもキツイ日は12時間過ぎた時点で食べたり、つきあいなどで必要なときは普通に三食食べたりもしていました。ゆるめゆるめで続けないと、精神的に辛くなるので。

それくらいのんびり続けた16時間断食でも、アトピーは劇的に改善した……というか肌が強くなったのか別人のようなやわらかで厚い肌になったので、やっぱりアトピーは食べないのが一番いいんだな~なんて思います。

子供の頃は超少食で健康&体力があった

実はわたしは子供の頃はまったくアトピーが出てなかったんですけど、子供時代は一日1.5食くらいだったんですよ。

朝食べない、給食は半分くらい食べる、夕食は少なめに食べる。みたいな感じで、ずーっと体力旺盛な超健康優良児だった。10代後半からストレスやバイトを始めたなどの影響でたくさん食べるようになったらあちこち悪くなった。

ので、この体験を踏まえても自分には少食が合っているんだと思います。

それに、少食にするとともかくアタマが冴えます。体調よりも、常にアタマがフル回転している感じがとても気持ちがいいです。

慣れるまでの二週間くらいはやはりしんどいですけど、慣れると本当に食べないことが快感になってきます。

あとは続けることですね。実は前の仕事がかなりストレスフルで、仕事から帰ってきた夜に食べすぎてしまうことが多かったんです。今の仕事は前職にくらべるとかなり気持ちに余裕があるので、今回は大丈夫かな~と思っています。

注意点としては、アトピーの場合一時的に悪くなることがあるようです。

私はアトピーのために何度か断食や少食を試したことがあるんですが、始めた直後は必ずふだんアトピーが出てない手の甲や足の甲が劇的にかゆくなります。しばらくしたら引く。

身体の末端から毒素が出ているのでしょうか……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする