急な胸痛と、激しい呼吸苦…コロナウイルス肺炎かと思ったら喘息だった

実はこの前、突然の呼吸苦と胸痛に襲われて

「コロナウイルスにかかって肺炎になったのかも?」

と思って病院に行ったのですが、結果「ぜんそく」と診断されました。

スポンサーリンク

突然の胸痛と息切れ

2日ほど37度前後の熱が続いていて、少し高いかな?と思っていたのです。もっとも体調不良はぜんぜん無かったので、様子を見ていたのですが。

熱が出て3日目の午前中、外にある自動販売機を利用して部屋に戻るため階段を登ったら(私の部屋は2階にあります)急な胸痛と、激しい呼吸苦に襲われました。

なんというか、吸っても吸っても酸素が入ってきてないような感覚なんですよ。30分くらい椅子に座ったまま動けなかったほどです。

コロナウイルスは自覚症状なしでも突然悪化して肺炎を起こす…という話を聞いていたので、これはやばいかな、と思ってまずは接触者相談センターと保健所に電話をしました。

どちらでも「コロナを疑う要因はないので普通に病院に行ってください」とのこと。

というわけで、次に病院に電話。ところが、家から一番近い病院に電話したら断られてしまいました。がんなどの患者が多く入院しているうえ呼吸器科が無いため、発熱や胸痛の患者さんはお断りしているのだと。

仕方がないので、近所の別の病院に電話。ここは以前に一度だけインフルエンザになったときにかかったことがあり、カルテもあるということで診察してもらえることになりました。

最大限の防備と、万が一コロナだったときの心の準備を整えて出発。病院に行く間歩いて10分程度だったのですが、意識的に呼吸を整えてないと苦しかったです。

で、来院。その日朝37度あった熱は病院で計ったら36度代。パルスオキシメーターも正常で「コロナでは無さそう」ということに。一番不安に思っていた肺のレントゲンはまったく異常なしで、ホッとしました。血液検査も尿検査も異常なし。

ところが、「呼気NO濃度測定」という検査に見事引っかかってしまいました。息を吐いてボールを浮かせる、というお祭りのおもちゃのような機器で数値を測るのですけども、

正常値が25くらいらしいんですね。ところが自分は100近い結果に。で、おそらく喘息で気道が狭くなっているんだろう、ということでした。

もともとアトピー体質ですし、実は15年くらい前にも一度だけ喘息の発作を起こして救急車に乗ったことがあったので、喘息という診断にもすぐに納得できました。

「レルベア」という吸入薬をもらって帰ってきました。微熱も次の日には36度代に戻りました。

というわけでちょっと大変な目に合いましたけども、とにかくコロナじゃなくて一安心、というところですね。喘息でついてるなあ、と思いました(笑)

万が一コロナだと、おそらく自分の職場はビル閉鎖になってしまうと思うので。自分が苦しむのもイヤですけど、周りの人に余分な負担をかけるのが辛いですよね。

今ならインフルエンザにかかっても「インフルエンザでよかった」と思えるでしょう……

急に喘息の発作が出た原因はわかりませんが、前の記事にも書いたとおり最近アトピーがすごく良くなったのですよね。

で、アレルギーの患者は一つ治ると別のところにアレルギーが出るということがよくあるそうです。「アトピーが良くなったら喘息が出てきた」という話も聞いたことがあります。
そういうことなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする